ビーフジャーキー,塩分,多い,食べ過ぎ,注意,

ビーフジャーキーは塩分が多いから食べ過ぎには注意!

ビーフジャーキーは塩分が多い。

 

 

 

ビーフジャーキー,塩分,多い,食べ過ぎ,注意,

 

 

これはビーフジャーキーの最大級の弱点だと思うが、ビーフジャーキーは美味しいからついつい食べ過ぎてしまう。俺は今日も『THEおつまみBEEF厚切ビーフジャーキー』を1パック食べたのだが、ビーフジャーキーは美味しいからすぐに食べ終わってしまう。

 

 

1パック程度ならまだ良いのだが、1日に2パック3パックとひょいひょい食べてしまうのはあまりよろしくない。

 

 

塩分過多の問題が発生するからだ。

 

 

塩分の摂り過ぎは体に悪いということはあなたもご存知だろうから深くは語らないが、ビーフジャーキーはとにかく塩分が多い。塩っけがある肉だから美味いということも言えるが、あまり食べ過ぎると塩分過多状態になって体によろしくない。

 

 

だからビーフジャーキーはいくら美味しくても食べる量を自重した方が良いのだ。

 

 

 

「そんなことを言われても無理! ビーフジャーキーをたくさん食べたい!」という人はトマトジュースを飲みながらビーフジャーキーを食べると良いだろう。

 

 

 

トマトに含まれるリコピンは摂り過ぎた塩分を体外に排出する働きがある。つまり、ビーフジャーキーに一番相性が良いのがトマトジュースなのだ。

 

 

長野県下伊那郡の阿智村で収穫された完熟トマトで造った、新鮮でみずみずしいトマトジュースで...

 

 

トマトジュースはとても美味しいし、味的にもビーフジャーキーと合うし、最高の飲み物だと思う。

 

 

 

俺がこの世で一番美味しい物の組み合わせを挙げるとしたら、ビーフジャーキーとトマトジュースのコンビを挙げる。

 

 

この二つは本当に最高だ。美味いだけじゃなくてお互いの弱点・長所を補ってくれる素晴らしいパートナーだ。

 

 

ビーフジャーキーで塩分過多を防止するためにトマトジュースを飲む。トマトジュースには塩分を体外に排出する効果があるからビーフジャーキーのゴールデンパートナーになってくれるだろう。

 

 

勿論、普通のトマトにもリコピンは含まれており、塩分を体外に排出する効果はあるのでトマトと一緒にビーフジャーキーを食べても良い。

 

 

だが、俺はビーフジャーキーと一緒にトマトジュースを飲むことをオススメしたい。そちらの方が効果的にリコピンを取りやすいし、この組み合わせが一番美味いと思うからだ。

 

 

興味がある人は試してみて欲しい。

スポンサードリンク

関連ページ

ビーフジャーキーには亜鉛が多く含まれている!
ビーフジャーキーには亜鉛が多く含まれていることに注目したい。実はビーフジャーキーは意外と体に良いのだ。
ビーフジャーキーを食べたら幸せになり、精力的になれる!
ビーフジャーキーを食べたら幸せになって精力的になることができる。その秘密はアドレナリンにある。
ビーフジャーキーはダイエットに向いている!
意外かもしれないが、ビーフジャーキーはダイエットに向いている。カロリーが低いし腹持ちが良いからだ。
ビーフジャーキーダイエットを成功させる6つのポイント
ビーフジャーキーダイエットを成功するためのポイントについて記載している。
ビーフジャーキーは立派な健康食品
意外かもしれないが、ビーフジャーキーは立派な健康食品として評価することができる。ビーフジャーキーは健康に良いのだ。